スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

動画UP

2011年03月19日 21:02

久しぶりの動画UPで脳みそ疲労困憊のジタです、こんばんは。

いや~前に1回やっているはずなのに、すっかり忘れちゃうもんですよねー。
色々うまく行かずにトラブリまくって、でもなんとかUPすることができました;
動画の解像度や画質も中々思うように保存できなくて、必死に調べまくっちゃいました。
これで次からは大丈夫!・・・といきたいところですが、しばらくやらないとまた忘れるんだろうなw

さて今回の動画は、今の時期だからこそ思い描いたイメージというかテーマで作成してみました。
しかし相変わらずうちのモンウォルはシリアスモードなので、エロ色っぽいのを期待した方はごめんなさい!
以下はネタバレ?というか無駄な言い訳や解説になるので、見たい方だけ折り畳みからどうぞ。



今回のテーマは「日常の小さな幸せ」でした。
物も豊かで平和な日本に生まれ育つと、ついつい物質的にも精神的にも我侭で贅沢になってしまいます。
しかし大きな天災や事故、急な戦争などが起きた時、今までの恵まれた生活がどれだけ幸せだったかに気づくわけです。
先週起きた東日本大震災での被災者の方はもちろん、その影響で色々と混乱に巻き込まれている人が数え切れないほどいる今、自分も改めて日常の幸せを再確認できました。
こうした被災者・犠牲者の方々が沢山いるこの時期に、死にネタ?的な雰囲気の作品を作るのはどうかとも考えもしましたが、今だからこそ作りたいテーマだったのでUPしてみました。

この動画のストーリーの真相や結末は、見た人の想像にお任せ~なつもりでいたんですが、ついつい最後の部分に効果音をつけてしまったので、作者側のシナリオをバラします。

これはモンブローの夢落ちではありません。ジタの適当な妄想未来年表ではありますが、この作品の中では実際に起きています。
親衛隊長であるウォルフは、ジュノに攻め込んでくるアビセアン達と懸命に戦い、前線に立って指揮をとりました。
一方モンブローは民間人として避難指示が出ている中、患者さんや老人・子供などの弱者の避難誘導を懸命に行いました。
しかしウォルフたちが必死に食い止めようと戦っても、アビセアン達の猛攻はどんどん激しくなり、やがてジュノへの侵入を許してしまう。
その後のウォルフは消息不明ということになっていますが、それは死の瞬間や遺体の確認が出来ていないだけなので、最前線で戦っていた者の末路は想像できるでしょう。
そしてモンブローはギリギリまで避難誘導に励み、ウォルフの安否も気になって中々退避しなかったため、最終的にはジュノの崩壊に巻き込まれてしまいます。
こうして2人とも死に落ち・・・という悲しい結末ではありますが、唯一の救いは、お互いの死を知らぬままだったということでしょうか。

今の時期に死にネタは控えたほうがいいかと悩みましたが、幸せと対比させるために死をテーマとしてもってきました。
もし気分を害された方がいましたら、申し訳ありません。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。